工場紹介

Home > 工場紹介 > 第1工場

第1工場 使用済み家電リサイクル施設(テレビを除く)

最新鋭の粗破砕機の導入により低コスト化と高リサイクル率を達成。

2001年に施工された「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」に対応して、最先端のテクノロジーを駆使した破砕選別プラントを導入することで、使用済みの冷蔵庫、エアコン、洗濯機やOA機器などから高純度・高回収の再資源化を可能にしました。

前処理工程

フロン回収

冷蔵庫・エアコンのコンプレッサに含まれる冷媒フロンは、専用タンクに回収後、外部委託により無害化処理されます。断熱材フロンは断熱材と共に、空気配管にて焼却炉で直接焼却処理します。

※画像をクリックすると拡大します。

破砕工程

粗破砕機による大幅な省力化・高純度回収

「粗破砕機」により、冷蔵庫・エアコンのコンプレッサ、洗濯機のモータ、エアコンの熱交換機などの有価物が機械分解されるため、大幅な省力化が達成できます。分解された有価物は、手選別コンベヤ上で人手により回収されるため、高純度の回収が可能となります。

※画像をクリックすると拡大します。

選別工程

細破砕・選別工程

粗破砕機で分解されなかったプラスチックと金属の複合物などは、細破砕機で細かく破砕・分解後、素材ごとに選別回収されます。

※画像をクリックすると拡大します。

再資源化工程

各種選別回収ライン

鉄・アルミ・銅などの有価物の回収に加え、土砂・ガラス類等リサイクルできないものの回収など、多岐にわたる選別回収ラインを完備しています。冷蔵庫のウレタン(断熱材フロン含有)も回収し、焼却処理します。

固形燃料化施設によりRPF製造

鉄、非鉄、カレットなどの有価物、不燃物および遺物などを選別除去した後、プラスチック類をクレヨン上に成形し、熱源を必要とする施設にて燃料として利用します。

※画像をクリックすると拡大します。

設備概要

前処理設備
フロン回収設備
1式
受入供給設備
受入ホッパ
1式
受入コンベヤ
1式
破砕・選別設備
粗破砕機(三軸ロール方式)
1台
細破砕機(一軸スクリーン方式)
1台
プラスチック破砕機(二軸スクリーン方式)
1台
風力選別機
3台
磁力選別機
3台
渦電流選別機
1台
手選別コンベヤ
1台
破砕物コンベヤ
1式
乾燥設備
乾燥・回転篩機
1台
成形設備
定量供給機
1台
成形機(二軸スクリュー押出方式)
2台
活性炭吸着塔
1台
集塵設備
選別サイクロン
3台
バグフィルタ
2台
断熱材搬送設備
断熱材サイロ
1式
パイプコンベア
1式
バグフィルタ
1式
サイクロン
1式
計量器
1式
電気・計装設備
1式